スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニックとは何か

どうも、こんにちは。羅門です。

最近、サッカーを見ていてよく思うのが「テクニックとは何か?」ということです。
日本ではテクニックというと流麗なドリブルやリフティング、アウトに引っ掛けた浮き球のパスなどお洒落なプレイを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
実際僕も松井や中村俊のような魅了させてくれる選手がテクニックのある選手だと思っていました。
もちろん今でも彼等はスキルのある選手だと思っていますが、サッカーのテクニックっていうのはボール扱いだけじゃないんだなっていうのを、若い年代の試合を見ていてると特に感じます。

特に気になるのが実戦で使えないテクニックを一生懸命磨こうとしているように見受けられることです。

身近なところで先日のユースの日韓戦での日本代表を例にあげると、彼らは単純な止めて・蹴るでのミスが目立ちました。
センターバックの選手にまで体格を犠牲にしてまで、足元に自信のある選手を選出しているはずなのですが・・・
韓国の選手と比べて、いわゆる「テクニック」の優位性を感じる部分は少なかったです。
逆に韓国の選手はフィジカルの強さもそうですが、基本がしっかりしていました。「トラップしてインサイドで蹴る」という基本のテクニックです。

今回のユースでは特にボランチから後ろの選手のテクニック不足を感じました。
ボランチではプレスをかけられたときの対応の拙さ、バックラインはボールを跳ね返すテクニックに欠け押し込まれる要因となっていました。

ポゼッションするために後ろの選手に繋ぐことを求めることは、理解できまがあくまでそれは本来の仕事が出来てから話です。
ポゼッションを指向するバルセロナを見れば分かりますが、ピケ、プジョル、ブスケツみんな単純に守備のテクニックが高いです。そこにプラスアルファの足元のテクニックであるわけです。

また日本代表は南アフリカではボランチ型の選手は豊作でしたが、若い世代は中堅を含めても人材難ですね。
長谷部はいい選手だけど、プレーメーカーではないですし。
遠藤、中村憲に続く選手が育たないと近い将来、日本が優位と思っていた中盤でもライバルチームに勝てない状況になるかもしれません。

つまり足元のテクニックの向上を狙って若年層を育てて来たのに、所謂ボール扱いのテクニックが一番必要なボランチの選手でさえ育ってないのです。
それは彼らが試合で使えるテクニック・スキルを持ってないからに他なりません。
日本の指導者はシャビがなぜハイプレスの環境で後ろを向かず簡単(なように見える)に前を向けるのか、分析したことはあるのだろうか?
長身とはいえないプジョルやカンナバーロが何故そうそうたるフォワードと渡り合えるのか?

そこには必ずボール扱い以外のテクニックがあるはずです。

日本の若年層の指導者には、サッカーにおけるテクニックをもう一度見直して貰いたいです。

スポンサーサイト

巻誠一郎の移籍について思うこと

どうも、こんにちは。羅門です。

ジェフ千葉の巻誠一郎がロシアのクラブに移籍することになりました。

僕は基本的には器用なフォワードが好きなんだけど、ベルカンプとかベルバトフとか。
日本でいえば前田遼一とかね。

でもそれとは対極ともいえる巻誠一郎も、すごい好きな選手。

特にオシム時代のジェフでの巻のプレーは大好きだった。少しも器用じゃないし、ポストプレーも危なっかしい。それでも巻は点をとっていたし、巻のポストプレーや競り合いから何度もチャンスを作り続けていたし、守備にも手を抜かなかった。

あと生真面目そうな性格も、僕が好きになった理由かもしれない。
コメントとかインタビューはおもしろくないけどね(笑)

村井、茶野、坂本、阿部、佐藤勇、水野、山岸、羽生と次々と主力選手が去った(戻って来た選手もいますが)ジェフで、いい条件のオファーがあってもチームに残り続けた巻が、追われるようにチームを去るのを見るのは悲しいし、毎度変わらぬジェフのフロントの在り方には怒りさえ感じます。

でも一方でドライに見れば、いまのジェフに必要なのは巻ではなくネット・バイアーノであると江尻監督もフロントも判断したということも理解できなくはないです。
現実に巻は結果を残せていなかった訳ですから。


だからこそ巻には簡単ではないと思いますが是非ロシアでもう一花咲かせて欲しいと思います。そしてジェフのフロントの判断が間違っていたと証明して欲しい。
ここで終ってしまう選手ではないと信じています。

遠く日本から応援しています!!!





テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

日本代表の戦いは素晴らしかったと言いたい!


どうも、こんにちは。羅門です。

日本代表、負けちゃいました。

PK戦は技術も精神力も必要で運の要素だけとは言い切れませんが、どんな名手でも外すのがPK。
バッジョだって、ジーコだって、カズだって、ヒデだって外すんです。

そもそも駒野はPKは得意な方だし、オシムのときのアジアカップのPK戦で2回蹴って2回とも決めている。
オシムも岡田も選んだ選手が失敗しちゃったんだからショウガないですよ。

今回はたまたま駒野だったていうだけで、駒野には胸をはって次に進んで欲しいと思う。
ブラジルワールドカップだって目指して欲しいと思う。
制度の高いアーリークロス、左右こなせる器用さは必ず武器になると思うから。

ただパラグアイ戦、全体を通して見ると勝てるチャンスがあっただけにホントに悔しかった。
けっこう早い時間から中盤も空いていたし、日本は勇気をもってもっとボールをつなげたんじゃないかなぁ。

阿部に代えてケンゴを投入したのには中盤で優位にたとうぜ、っていうメッセージに見えたんだけどな。
ケンゴ自体の動きはそんなに悪くなかったですけどね。


とはいえ、前評判の低かった今大会の日本代表ですがこれまでのワールドカップよりも良い結果(2002年と一緒だけども)を残せたことはホントに嬉しかった。

守備的を固めて前の本田、松井、もしくはセットプレーにかけるサッカーには賛否両論あるだろうけど、これが岡田監督のサッカーなんだと思う。

方向転換が遅かったの(もっと早く決断してれば23人の人選は変わったはず)には僕も不満はあるけど、結果は良かったし岡田監督ももちろん選手も最大限の力を発揮したことには間違いないし、これだけ代表戦を楽しんだのも久しぶりだった。

ほんとうに楽しかった日々でした。日本代表、ありがとう。

この戦いを無駄にしないためにも、日本サッカー協会には次の監督は慎重に選んで欲しいと思う。
間違ってもギドとか嫌いじゃないけどやめて欲しい。



テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

オランダ戦 惜敗なのか??!

どうも、こんにちは。羅門です。

オランダ、やはりさすがですね。一瞬のスキを見逃してくれません。

日本もほぼゲームプランどおりやり遂げたのではないでしょうか?
残りはやはり選手個々の能力の差、あとはほんの少しの運が勝敗を分けました。

あと気になったのが日本はリードされた場合にコマがいないですね。
これは岡田監督が現実路線に舵を切るのが遅かった弊害でしょうね。

当初のボールポゼッションを高めてチャンスを狙う戦術(ざっくり書きましたが)にあうメンバーを選んでから、方針を変えたためメンバーの選考と戦術がマッチしていないように思えます。

カメルーン戦で成功したのであまり声がでませんが、本田のセンターフォワードなんてホントにギャンブルだと思います。
でも現状だれがセンターフォワードにフィットするかといった本田しかいないんですよね。

この戦術にするのならポストプレイの得意なセンターフォワード、再度の上下動をなんども繰り返せるサイドバックのようなウイングがやはりいるだろうし。
正直、本田、松井、大久保は期待以上によくやっていると思うけども、苦しいときにサイドで距離を稼げる石川のようなタイプ(乾でもいいし)、トップでボールをキープできる前田のようなタイプは必須だったと思う。

ポストプレーヤーを置いて、トップ下に本田を置いたほうが本田の良さは間違いなくいきるはずでそのこと思うと、選手選考と戦術のミスマッチが残念でなりません。

局面ではいいプレイもありましたが俊輔は流れに乗れてなかったし、玉田は守備も適当だしボールには絡めないし何をしにきたんだか。
岡崎は頑張ってたけどさ。


といろいろ書きましたが、今日の試合は決して悪い試合ではなかったしむしろいい試合だったと思ってます。
だからこそ、引き分けにさえ持ち込めなかったのが悔しいし負けているときのこま不足を嘆いてしまうわけです。


とはいえまだ、一勝一敗!デンマークとの試合は是非買って、決勝トーナメントに行ってくれー!!!!




テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

カメルーンに勝った!!!

どうも、こんにちは。羅門です。

いや~、やりましたね。日本代表。

日本開催以外でのワールドカップでの初勝利!
おそらく試合内容は岡田監督のシナリオどおりだったのでしょうね。
カメルーンの混乱ぶりに助けられたのは確かですが、個々に劣勢だった個所も少なかったですし、良かったのではないでしょうか。

得点シーンも完璧でした。
遠藤から右サイド松井へのグランダーの早いパスから、ワンフェイクいれてからの松井のクロス。
ファーへ動き直した本田にピタリでしたね。
大久保が中に入ってディフェンスを引き付けた動きも良かったです。
この場面以外でも本職のフォワードがいないなか大久保はよくゴール前に顔を出して、その穴を埋めていました。

試合の内容というか、試合への取り組み方には言いたいことはありますが、今は何はともあれ結果を出した日本代表を応援したいと思います。
(そこらへんのことは日本の敗退後に書くことにします。)

まぁ、オランダ・デンマークは今回のカメルーン程甘くはないと思うので、この試合ででた課題を修正し試合に望んで欲しいと思います。
そしてなんとかグループリーグを突破してくれ~!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。