スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田さんの言い訳を想像してみる

どうも、こんにちは。羅門です。

僕はそれなりに熱心なサッカーファンである。

サッカーダイジェストは毎週買ってるし、サッカーの試合をテレビでやってれば観る。
高校サッカーでもJリーグでも海外のサッカーでも楽しみ方はいろいろあるし、実際楽しく観ている。

そんな盲目的なサッカーファンの僕でも最近面白くないのが日本代表の試合。
今日のセルビア戦も途中から観て途中で観るのをやめてしまった。

スポーツ中継がへたくそな日テレ、日本を代表するチームということで観る目がどうしても厳しくなってしまうことを差し引いてもこれは由々しき状況だと思う。

ライトなファンじゃなくてコアなサッカーファンが日本代表から離れていっているのだ。
実際、僕の周りの熱心なJリーグファンでも日本代表に興味がない人が増えてきている。

僕はその理由は何もしなくてもじゃんじゃんスポンサー料が入ってきて、胡坐をかいている日本サッカー協会と岡田監督にあると考えている。
早稲田、古河派閥で岡田をオシム監督の後任に指名した川淵も罪が重い。

まぁ、なにはともあれ今日のサッカーについては言いたいこともたくさんあるが、岡田の言い訳を想像してみる。
いままで日本のサッカーをすると言い張ってて、最近になってようやくワールドカップでは押し込まれると言っているような男のいいわけである。

岡田監督は自分では情に厚いと思っているそうだが、僕は単に優柔不断なだけだと思っている。

たとえば就任して最初のアジア選手権では加地、今年のアジア選手権では岩政というように、戦犯を必ずひとり作って半ばその人間のせいでチームがうまくいかなくなったように振舞う。
恐らく今日の試合は栗原なせいで負けたことにするのだろう。
(まぁ、加地は自ら辞めたことになってますが...オシムが監督だったらまだ日本代表に呼ばれていたと思いますし、加地も召集に応じていたと思います)


フランス(スイスだっけ)に連れて行ったカズをきったのも単に日本で判断ができなかったからだろう。

まぁ、どちらにせよ今日の言い訳はこんな感じだろう。

「新しいメンバーがフィットしなかった」
「遠藤、稲本、俊輔のコンディションが悪かった」

栗原を45分で切る割には、俊輔・遠藤は引っ張る、本調子でない玉田は途中出場させる。
それでいてバックアップがいないとかって...
まぁ、いつものことですが。

ひとつだけ岡田監督に確認したいとこといえば今日の試合の目的ですね。
どんなプランをもってこの試合に臨み、どのような成果があったのか確認したいです。

でもこれだけ酷い内容の親善試合(しかも2軍相手の試合で!)はなかなか観れないでしょうから、観た人は幸運だと思います。

日本代表の悪かったとろについては今日は色々書きませんが、要約するとこんな感じ。

適材適所でないってトコとバランスの悪さでしょうかね。

そんな感じでまとまってないですが今日は以上です。




スポンサーサイト

♪Various Artists 「22'50"」

どうも、こんにちは。羅門です。

久しぶりにテレビの音楽番組を見て感動しました。
TBSでやっていた小田和正の「クリスマスの約束再会」。

2001年から毎年クリスマスにやっている「クリスマスの約束」の2009年の別編集の再放送ってことみたいだけど、クリスマスに見逃していた僕としては大変にありがたい放送でした。

小田和正の還暦を超えてなお続く音楽への情熱が感じられ、畏敬の念を覚えるほどでした。
僕の嫌いな歌?番組(笑)の「うたばん」のスタッフが係わっているのにこんなに、感動的な番組になるなんてやはり情熱のなせるわざなのでしょうか。

最初に出演者の代表曲をメドレーにするという企画を聴いたときには、それこそヒッパレみたいなやつになるのかと心配してスタレビの根本さんやスキマスイッチの大橋、常田のように批判的な感情を覚えましたが、実際に聴いてみると批判的になったことを土下座して謝りたくなるほどホントに最高でした。

ソロとコーラスのメリハリ、曲のつなぎも良かったしメドレーの中の曲はほぼ聞き覚えのある曲で、なかにはあまり好きでない曲もありましたが、このメドレーで聴くとどれも好きになりそうでした。

正直、これだけのメンバーと曲をまとめるのにはアルバム一枚作る以上の手間暇がかかってると思います。
たった一日のためだけにアレンジもよく練られているし文句のつけようがないです。

数多ある凡百のカバーアルバムもこれぐらい手間をかけてくれれば、いいものがたくさんできると思うんだけどなぁ。

アーティストの皆さんの涙ややりきったという満足そうな表情も印象的でした。
それと観客の鳴りやまない拍手。あんなに長いスタンディングオベーションはそうそうないのではないでしょうか。

あと蛇足ですがテレビ的にはこの長いメドレーの間にはCMを入れなかったり(まぁ、当然ですが...)、松たか子の「明日、春が来たら」のときにギタリストの佐橋さん(旦那さんですね)を抜いたりと個人的にはポイント高かったです。


メドレー「22'50"」で歌われた曲は以下のとおりです。

全員 / この日のこと
藤井フミヤ / TRUE LOVE
STARDUST REVUE(根本要) / 今夜だけきっと
広瀬香美 / ロマンスの神様
JUJU / 明日がくるなら
松たか子 / 明日、春が来たら
中村中 / 友達の詩
佐藤竹善 / La La La
Crystal Kay / 恋におちたら
AI / Story
鈴木雅之 / 夢で逢えたら
一青窈 / ハナミズキ
山本潤子 / 翼をください
清水翔太 / HOME
小田和正 / YES - YES - YES
キマグレン / LIFE
Aqua Timez / 虹
スキマスイッチ / 全力少年
平原綾香 / JUPITER
夏川りみ / 涙そうそう
財津和夫 / 青春の影
いきものがかり / 帰りたくなったよ

それとやはり小田和正の情熱にホントにいち視聴者としても感謝ですね。
いつまでも素晴らしい音楽とまた「クリスマスの約束」を続けてもらいたいです。



ジャケット、またはタイトルをクリックするとAmazon.co.jpの商品ページへジャンプします

 『風のようにうたが流れていた DVD-BOX 』 Open Amazon.co.jp風のようにうたが流れていた DVD-BOX』小田和正 (2005年)

 『さよならは 言わない』 Open Amazon.co.jpさよならは 言わない』小田和正 (2009年)

 『今日も どこかで』 Open Amazon.co.jp今日も どこかで』小田和正 (2008年)

 『僕の贈りもの』 Open Amazon.co.jp僕の贈りもの』オフコース (1973年)


テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。