スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「尻こり」とはなんだ?

どうも、こんにちは。羅門です。

聞いたところによるとどうやら「尻こり」というのがあるらしい。
肩や腰ならよく聞くけどシリコリなんて聞いたことないですよね?

腰痛の原因かもと聞けば万年肩凝り、首凝り、たまに腰痛(腰が外れるかと思う)の僕も興味がある。

お尻が冷たい人は尻こりの可能性大とのことだけど、触ってみてもよくわからないなぁ。
確かにずっと座ってるとケツが疲れているような気がするけど。
とりあえず座り仕事なので、気をつけなければ。

解消にはマッサージがいいみたいなんだけど、やっている姿は他人には見られたくないですな(笑)



スポンサーサイト

テーマ : 膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

オランダ戦 惜敗なのか??!

どうも、こんにちは。羅門です。

オランダ、やはりさすがですね。一瞬のスキを見逃してくれません。

日本もほぼゲームプランどおりやり遂げたのではないでしょうか?
残りはやはり選手個々の能力の差、あとはほんの少しの運が勝敗を分けました。

あと気になったのが日本はリードされた場合にコマがいないですね。
これは岡田監督が現実路線に舵を切るのが遅かった弊害でしょうね。

当初のボールポゼッションを高めてチャンスを狙う戦術(ざっくり書きましたが)にあうメンバーを選んでから、方針を変えたためメンバーの選考と戦術がマッチしていないように思えます。

カメルーン戦で成功したのであまり声がでませんが、本田のセンターフォワードなんてホントにギャンブルだと思います。
でも現状だれがセンターフォワードにフィットするかといった本田しかいないんですよね。

この戦術にするのならポストプレイの得意なセンターフォワード、再度の上下動をなんども繰り返せるサイドバックのようなウイングがやはりいるだろうし。
正直、本田、松井、大久保は期待以上によくやっていると思うけども、苦しいときにサイドで距離を稼げる石川のようなタイプ(乾でもいいし)、トップでボールをキープできる前田のようなタイプは必須だったと思う。

ポストプレーヤーを置いて、トップ下に本田を置いたほうが本田の良さは間違いなくいきるはずでそのこと思うと、選手選考と戦術のミスマッチが残念でなりません。

局面ではいいプレイもありましたが俊輔は流れに乗れてなかったし、玉田は守備も適当だしボールには絡めないし何をしにきたんだか。
岡崎は頑張ってたけどさ。


といろいろ書きましたが、今日の試合は決して悪い試合ではなかったしむしろいい試合だったと思ってます。
だからこそ、引き分けにさえ持ち込めなかったのが悔しいし負けているときのこま不足を嘆いてしまうわけです。


とはいえまだ、一勝一敗!デンマークとの試合は是非買って、決勝トーナメントに行ってくれー!!!!




テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

カメルーンに勝った!!!

どうも、こんにちは。羅門です。

いや~、やりましたね。日本代表。

日本開催以外でのワールドカップでの初勝利!
おそらく試合内容は岡田監督のシナリオどおりだったのでしょうね。
カメルーンの混乱ぶりに助けられたのは確かですが、個々に劣勢だった個所も少なかったですし、良かったのではないでしょうか。

得点シーンも完璧でした。
遠藤から右サイド松井へのグランダーの早いパスから、ワンフェイクいれてからの松井のクロス。
ファーへ動き直した本田にピタリでしたね。
大久保が中に入ってディフェンスを引き付けた動きも良かったです。
この場面以外でも本職のフォワードがいないなか大久保はよくゴール前に顔を出して、その穴を埋めていました。

試合の内容というか、試合への取り組み方には言いたいことはありますが、今は何はともあれ結果を出した日本代表を応援したいと思います。
(そこらへんのことは日本の敗退後に書くことにします。)

まぁ、オランダ・デンマークは今回のカメルーン程甘くはないと思うので、この試合ででた課題を修正し試合に望んで欲しいと思います。
そしてなんとかグループリーグを突破してくれ~!!




カメルーン戦キックオフ 3時間前

どうもこんにちは、羅門です。

とうとう南アフリカワールドカップの初戦カメルーン戦まで、あと3時間となりました。

ここにきて現実路線に切り替えた岡田監督ですが、今更間は否めないですね。
いまのメンバーで本田が一番トップでボールが収まりそうだというのは分かりますが、そういった仕事が必要なら前田なり、巻(あんま試合でてないですが)なりのメンバーを選ぶべきだったと思うし、本田の得意なポジションでもない。
不得意なワントップで失格の烙印を押された岡崎も可愛そう。

またいままでやってきたサッカーはなんだったのかという点でも不満は残ります。
結局、守りを固めてあとは運任せのサッカーをするのなら、継続性もへったくれもないわけで、日本サッカー協会が継続性を理由に岡田監督の続投を決めた理由もなくなります。

と不満はまだまだ続くのですが、この続きはカメルーン戦の後にしましょう。

ちびっこサッカーという内容を諦めた今、残っているのは結果だけです。

是非とも勝って、僕を含めた文句言ってた人間を黙らせて欲しいと思います!




テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

小沢健二のライブ「ひふみよ」に行ってきました

どうも、こんにちは。羅門です。

もう二度と観れないと思っていた小沢健二のライブに行ってきました。

会場前には「チケット下さい」と書かれたカードを掲げている人や、ダフ屋もいて、衰えない人気が感じられました。

ライブの詳細はここには書きませんが、真っ暗闇のなかでの「流星ビバップ」から「愛し愛されて生きるのさ」まで、新曲、スペシャルゲストも含めた盛り沢山の内容でした。

内容については賛否あるかも知れませんが、一つだけ思うことは小沢健二の音楽の才能はやはり多くの人に聞かれるべきものだということ。
長年のブランクを心配していましたが、以前よりも少し太くなって少しだけ男らしくなった声もギターもステージでの振る舞いも全く衰えていませんでした。


正直、ステージを観ていて僕は涙がでそうになりました。なぜかドアノックダンスにほろっと来ました。

今後も音楽活動を続けて、CDやライブで僕らに音楽を届けて欲しいと、心の底から思います。
ホントにライブに行けて幸せでした。



テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。