スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法ダウンロードとか気になるニュース

どうも、こんにちは。羅門です。

いまだにパッケージメディアが大好きで、アホみたいにタワレコとAmazonに月に平均3万円は寄付している羅門には気になるニュース。


 米アップル社の有料音楽配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」が日本でも始まった17年から取り始めた統計によると、売上高ベースで18年は対前年比56%増、19年同41%増と急激に市場を拡大したが、昨年はほぼ横ばい。数量ベースだと0.2%減と調査開始以来初の減少に。市場の牽引(けんいん)役だった「着うた」の売上高は、20年も21年も前年同期比19%減と大幅に減少した。

 ブレーキの原因について同協会は「違法サイトからの無料ダウンロード」をあげ、「18年の調査で、違法ダウンロードの総数は有料配信より1億4500万件も多い年約4億7千万曲だった」と明かす。一番安い「着うたフル」(1曲約200円)に換算すると約940億円が闇に消えた計算で、「その後もさらに増えているだろう」。

音楽業界誌オリコンの小池恒社長(45)は「“音楽はタダ”という間違った認識が蔓延(まんえん)している」と指摘。「今、違法ダウンロードは正規の件数の何倍にもなっている。まさにバケツの底に穴が空いた状態。犯罪行為なのだから、携帯電話業界と音楽業界が連携して撲滅に取り組むべきだ」と危機感を募らせている。

5月7日 産経新聞 より


おそらく中高生の間ではあまり罪悪感を感じずにダウンロードしている人も多いんだろうね。
違法と思ってる人も少ないのでは。

最近ではYou Tubeなんかだとオフィシャルによる動画の提供もかなり増えてきているし、ダウンロードしている人にその善悪を判断させるっていうよりは、悪意のあるアップロード者への罰を厳しくしていくしかないのかなという気はする。

そもそも携帯電話で音楽聴いてる人って見たことないんだよね。俺は。
中高生の間では一般的なのだろうか。携帯で聴く音楽って単にこの曲知ってるとかってレベルでしか聴ける代物じゃない気がするんだが。

あと気になった点は「違法サイトからの無料ダウンロード」が売上の減少の第一の理由に挙げている点。
当然、それもあるんだろうけどもし全ての違法ダウンロードを取り締まれたとしたら、売上が伸びると考えているなら音楽業界というか現存の音楽産業は厳しいだろうなと思う。

一番CDが売れていた90年代の最大の顧客層であった10代、20代の人口はこれから減る一方だし、昔とちがって携帯代やらネットやらで若年層のお金をかけるものが変わってきている。
CDにしても着うたにしても、売れないと騒いでいる割には企業努力が見えないんだよね。

個人的にはCDもそうだけど、日本は着うたにしても、iTunes Storeにしても値段がかなり高いと思う。
着うたなんかは圧縮音源かつ、携帯代えたら買い直しにも係わらず1曲換算にすればCDとほぼ変わらない値段をとるなんて、馬鹿にしていると思う。

iTunes Storeはレンタル代わりに月に4、5曲買うって程度の使用率だけど、アメリカのストアに比べたら値段はほぼ倍ですからね。
アルバム単位で買っても2,000円なんてのはぼったくりすぎだと思う。

とは言っても音楽を愛するものとしてこれ以上音楽を購入する人が少なくなったら文化の衰退にも繋がりかねないわけで...
音楽業界には本腰をいれてどうすれば音楽が売れるのか本気で考えてほしい。
決してちまたで言われているようにいい音楽が生まれていないわけではないと信じているから。






スポンサーサイト

テーマ : 音楽なニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。