スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクウェア・エニックスの国際化

どうも、こんにちは。羅門です。

日本の携帯電話のガラパゴス化ってことが一時期話題になってましたが、最近、日本が全体的にガラパゴス化してるんじゃないかって思うんですよ。
世界はインターネットで繋がって地域格差が以前よりは少なくなってきてるのに、日本だけがそういった流れに取り残されてるんじゃないかって思うんですよね。
以前の製造業主体の産業構造から抜け出せていないというかなんというか。それはまた別の話か。

ということでこんなニュース。


スクウェア・エニックス、来年の新卒採用は1割以上が外国籍に

スクウェア・エニックスの和田洋一社長は、来年の東京採用のうち1割以上がアジア国籍になるのではとTwitterで明らかにしています

5月13日 インサイドより


アジアといってもおそらく半分以上は中国、韓国で占められそうな気がします。
違法ダウンロードが蔓延する国でゲーム産業の利益がでるのかという意見もあるでしょうが、ネットゲームの課金制やら対策はいくらでもありますし、何より中国でも今以上に経済が発展しなおかつ積極的にオフィシャルのリリースを行えばお金を出してソフトを買うという意識も芽生えてくるのではないでしょうか?

まぁ、希望的観測ですが...

2年後、3年後にどんな形になっているか注目したいですね。






スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。