スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えるということ

どうも、こんにちは。羅門です。

相手に自分の意図を伝えることは難しい。
きっと誰もがそう思ったことがあると思う。

たとえば部下に仕事を頼む場合を考えてみる。

やってほしい内容、やり方、期限を正確に伝えられれば良いだろうか?

当然、誤った情報よりは正確な情報の方がいい訳ですが、この場合の目的は何だろう。

新入社員に経験として最悪の結果として失敗しても良い仕事を任せる、中堅の社員に大事な取引先との交渉を任せる、年上の部下に仕事を頼む。

シチュエーション、相手、求める結果によって伝えかたは変わってくる。

伝達は結果、成果を生み出す為の手段であり、言ってしまえば正確な情報を与えた結果として成果を生み出せなければ意味がない。

要は伝えたつもりになっても駄目だし、性格に伝えたところで相手が自分の意図を理解してくれるとは限らないということかな。

というようなこと考えてメモ書き。



スポンサーサイト

テーマ : お仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。