スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インセプション』を観てきました

インセプション

どうもこんにちは、羅門 です。

ようやく『インセプション』を観てきました。

最初の入りがちょっとわかりづらくて、その後が不安になりましたが、以外とすぐに話の内容と世界感を理解し楽しむことができました。
特に映像のアイデアというか、各階層での夢の繋がりの描かれ方とかは面白かったなぁ。

アクションあり、ドラマありと盛り沢山でしたが、個人的には話を娯楽作品に倒してディカプリオと奥さんのエピソードはなくても良かったのではと感じました。
特に後半はディカプリオの葛藤がメインになって、渡辺謙の依頼(インセプション)とかがかなり簡単に描かれちゃったなぁという印象を受けました。
ラストシーンのコマもちょっとあざとかったし。

あと個人的に気になったのは、ギターで元スミスのジョニー・マーが参加していたこと。
エンドロールをぼーっと観てたときに気付いたのですが、以外な人選ですよね。



スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画レビュー「インセプション」

インセプション◆プチレビュー◆物語は複雑だがスタイリッシュなアクションで一気に魅せるSF娯楽作。夢と現実を結ぶのは願いだった。 【70点】 コブは、人が最も無防備になる夢の中で、他人のアイデアを盗む犯罪分野のスペシャリスト。国際指名手配中でアメリカに戻
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。