スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニックとは何か

どうも、こんにちは。羅門です。

最近、サッカーを見ていてよく思うのが「テクニックとは何か?」ということです。
日本ではテクニックというと流麗なドリブルやリフティング、アウトに引っ掛けた浮き球のパスなどお洒落なプレイを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
実際僕も松井や中村俊のような魅了させてくれる選手がテクニックのある選手だと思っていました。
もちろん今でも彼等はスキルのある選手だと思っていますが、サッカーのテクニックっていうのはボール扱いだけじゃないんだなっていうのを、若い年代の試合を見ていてると特に感じます。

特に気になるのが実戦で使えないテクニックを一生懸命磨こうとしているように見受けられることです。

身近なところで先日のユースの日韓戦での日本代表を例にあげると、彼らは単純な止めて・蹴るでのミスが目立ちました。
センターバックの選手にまで体格を犠牲にしてまで、足元に自信のある選手を選出しているはずなのですが・・・
韓国の選手と比べて、いわゆる「テクニック」の優位性を感じる部分は少なかったです。
逆に韓国の選手はフィジカルの強さもそうですが、基本がしっかりしていました。「トラップしてインサイドで蹴る」という基本のテクニックです。

今回のユースでは特にボランチから後ろの選手のテクニック不足を感じました。
ボランチではプレスをかけられたときの対応の拙さ、バックラインはボールを跳ね返すテクニックに欠け押し込まれる要因となっていました。

ポゼッションするために後ろの選手に繋ぐことを求めることは、理解できまがあくまでそれは本来の仕事が出来てから話です。
ポゼッションを指向するバルセロナを見れば分かりますが、ピケ、プジョル、ブスケツみんな単純に守備のテクニックが高いです。そこにプラスアルファの足元のテクニックであるわけです。

また日本代表は南アフリカではボランチ型の選手は豊作でしたが、若い世代は中堅を含めても人材難ですね。
長谷部はいい選手だけど、プレーメーカーではないですし。
遠藤、中村憲に続く選手が育たないと近い将来、日本が優位と思っていた中盤でもライバルチームに勝てない状況になるかもしれません。

つまり足元のテクニックの向上を狙って若年層を育てて来たのに、所謂ボール扱いのテクニックが一番必要なボランチの選手でさえ育ってないのです。
それは彼らが試合で使えるテクニック・スキルを持ってないからに他なりません。
日本の指導者はシャビがなぜハイプレスの環境で後ろを向かず簡単(なように見える)に前を向けるのか、分析したことはあるのだろうか?
長身とはいえないプジョルやカンナバーロが何故そうそうたるフォワードと渡り合えるのか?

そこには必ずボール扱い以外のテクニックがあるはずです。

日本の若年層の指導者には、サッカーにおけるテクニックをもう一度見直して貰いたいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。